プロ野球 コロナ禍 新観戦様式を体験してきた

表紙 趣味
スポンサーリンク

おはようございます
こんにちは
こんばんは
オリックスバファローズファンの
トッシーです。

先日、コロナ禍ではありますが
プロ野球観戦に行ってきました。

応援スタイルが大きく変わったので
その状況と感想をご紹介します。

最後まで読んで頂けると
嬉しいです。

それでは、始めます。

新観戦様式を体験

まずは、当日の試合の様子から

2020年7月12日(日)
大阪市の京セラドーム大阪にて

オリックスバファローズ 対
北海道日本ハムファイターズ
6回戦を観戦。

席は3塁側のS指定席の
下段 5列 でした。

3塁側にしたのは
オリックスベンチ内が
よく見えるからです。

ちなみに料金6,200円で
オリジナルTシャツ付きです。

観客数は4,000人です。

結果は
2対1でオリックス勝利。

勝利投手は山本由伸投手で
13三振の
今季パ・リーグ一番の完投勝利でした。

素晴らしいピッチングでした。

オリックスが勝ったし、
いい試合でした。

ホームランがでれば
もっと良かったのに…。

NPB発表の観戦新様式について

詳しい新様式についてが
NHKの記事とNPB発表のPDFを参考にしてください。

プロ野球が10日から観客を入れて試合を行うのを前に、NPB=日本野球機構は、観客などへの新型コロナウイルスの感染予防の対策をまとめた新たなガイドラインを発表しました。

プロ野球は6月19日に開幕し、これまで無観客で試合を行ってきましたが、7月10日からは最大5000人まで観客を入れる予定で、NPBは7月8日、観客などへの感染予防の対策を盛り込んだ新たなガイドラインを公式ホームページで公開しました。ガイドラインでは、入場時に観客全員に検温を行い、体温が37度5分以上だったり、マスクを着けていなかったりした場合は入場できないと定めています。また、観客どうしの飛沫感染や接触感染を防ぐため応援のしかたを制限していて、▽大声を出したり応援歌を歌ったりすること、▽ハイタッチや、▽肩を組んだり飛び跳ねたりしながらの集団での応援、▽トランペットなどの鳴り物を使うこと、▽ジェット風船やタオルを振り回しての応援などを禁止しています。また、人との距離を十分確保し、密接、密集を避けるため自分の席を離れてボールを取りに行かないよう呼びかけています。このほか、感染者が出た場合に座席の位置を把握するため、観客にはチケットの保管や座席をスマートフォンのカメラで撮影するよう呼びかけ、感染が確認された場合は球団が座席の位置をホームページなどで公表し、近くの座席を購入した人に連絡するとしています。飲食物の販売については、アルコール飲料も可能としていますが、酒に酔って大声を出すことを避けるため、「今月中は販売を控えることを推奨する」としていて、実際に販売するかは球団ごとに地元自治体と相談のうえ判断するとしています。また、個別の包装やふた付きの容器で料理を提供することが望ましいとしたうえで、金銭のやり取りは必ずトレーを介するよう求めています。

NHK https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200708/k10012505241000.html

NPB 新型コロナウィルス感染予防ガイドライン
(有観客開催)についてはこちら

球場の様子

まず球場内に入る前に

1Fバス乗降場に特別設置された
検温所でサーモグラフィによる
検温を受け、「検温完了証」を
受け取り、入場ゲートから入場しました。

その際、マスクの着用が義務付け
されているので
マスクを着用しました。

球場の取り組みとお願いはこちらを
確認ください。

球場内に入場し、席に座りました。

隣の人とは2席空きで前の一例にも
人はいません。

4000人てこんな感じなんだと思いました。

応援団の応援は一切ありません。

「しーん」としていて
音は、選手の声と捕球音と打球音のみと
いう感じで試合開始!。

草野球を見ているような感じです。

しかし草野球とは圧倒的に違います。
当然ですが。

山本投手の150kmを超える速球が
キャッチャーミットに入る音は
迫力満点です。

そんなプロの球を打った打球音も
すごい音がしました。

観客は大声が出せませんが
選手は大声を出してました。

ベンチの選手は
ヤジは言いませんが
自軍の選手に激励します。

観客は、基本拍手とメガホンなどを
叩くのはOKです。
大声で声援を送るのは禁止です。

チャンスの時には
大きな拍手が聞こえました。

そんな感じで五回ぐらいまでは
静かに観戦していた観客も

次第に我慢できなくなってきたのか
メガホンを叩いての応援しだしました。

最初はまばらな感じだったのが
誰かが叩き始めると

それに合わせるかのように
段々叩く音が大きくなり

たくさんの人がいっせいに
叩くようになりました。

オリックスファンは大人しいのか
他球場のニュースで見たような
大きな声でヤジっている人は
いませんでした。

僕の感想

今回の試合観戦は、
とても良かったという印象です。

野球本来の楽しさがいっぱいでした。

鳴り物や大声の応援がなかったので

野球音のみで純粋に野球が楽しめたことが
一番です。

投手の速球が
キャッチャーミットに入る音。

打者のスイングで
バットとボールが当たる音。

球場の緊張感。

ベンチからの激励や指示の声などです。

コロナ禍での緊急措置とはいえ、

今までのプロ野球観戦では
なかった光景や音が体験できたことが
新鮮でした。

メジャーリーグでは
しばしば見られる光景のようで

イチロー氏が日本でプレーしていた頃に
提案していたこともありました。

2020年8月1日からは
応援団に主導の応援が解禁されて
また、にぎやかな応援になります。

それはそれで楽しいのですが

これからも、定期的にこのような
静かな中での真剣勝負の試合も
開催して欲しいと思ったのは
僕だけでしょうか。

野球は楽しいと改めて思いました。

野球は日本の文化です。

当たり前に楽しめる日が
1日でも早く来るようしたい
ものです。


ここまで、
読んで頂き
ありがとうございました。

これからも、「トッシーブログ」を
宜しくお願いします。

野球大好き
トッシーでした。

ブログランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします


PVアクセスランキング にほんブログ村

0035

趣味
スポンサーリンク
シェアする
tossyをフォローする
トッシーブログ

コメント