大仙公園で紅葉を満喫してきた 2020

ライフワーク
スポンサーリンク

おはようございます
こんにちは
こんばんは
大阪大好き
トッシーです

今回は大阪府堺市にある大仙公園の紅葉を
楽しんできたのでご紹介します。


大阪の穴場的な紅葉スポットをお探しの方の
参考になれば、幸いです。

最後まで読んで頂けると
嬉しいです。

それでは始めましょう。

大仙公園行ってきた

大仙公園の紅葉を見てきた

JR環状線京橋駅スタートです。
関空快速でJR三国ヶ丘駅下車しました。
ここまでおよそ40分です。

大仙公園の最寄り駅はJR百舌鳥駅ですが、
今回は仁徳天皇陵古墳に先に立ち寄りたかったので
JR三国ヶ丘駅から徒歩で仁徳天皇陵拝所へ行きました。
ここまでおよそ15分です。

仁徳天皇陵古墳はさすが世界3大墳墓と言われるだけあって
凄い迫力と威厳でした。
専門のガイドさんも居ました。

いよいよ、大仙公園です。
そんなにたいそうなものではありませんが…
古墳からはすぐそばです。

思っていたより大きく綺麗な公園でした。

人出は、紅葉の季節の割には、少ない印象です。
コロナ禍の影響なのでしょうか。
穴場のような気がしてきました。

着いたのは、11時すぎだったのですが
来る途中で買ってきたお弁当を食べて
一休みです。

公園内にはたくさんの草花が咲いていました。
銀杏並木もあり黄色い葉がとても綺麗でしたよ。

しばらく歩くと目的地の日本庭園が見えてきます。

日本庭園到着です。

日本庭園は有料で
大人 200円 中学生まで 100円でした。

入口付近に立派な松があって
「いらっしゃいませ」と言っているようでした。

当日は、紅葉満開まではもう少しという感じでした。
モミジなどの紅葉がとても綺麗でした。

さすが、日本庭園の紅葉という感じで
手入れもよく行き届いていて
園内のとても綺麗でした。

結婚前のカップルが多数
前撮りしていました。

後から調べたら、ここは堺市民には有名な
前撮りのスポットらしいです。

僕は結婚して31年になりますが
あの頃を思い出してニッコリしてしまいました。

幸せのオーラはいつも
素晴らしいですねぇ。

この日は天候もよくぽかぽか陽気で
紅葉狩りにはもってこいの日でした。

綺麗な景色の写真もたくさん撮れましたので
とても有意義な時間を過ごせました。

大仙公園の滞在時間はおおよそ2時間弱だったと
思います。

帰りもJR三国ヶ丘駅まで歩き
快速に乗って帰りました。

仁徳天皇陵古墳について

仁徳天皇陵古墳について
引用文を用いてご紹介します。

クフ王ピラミッド、始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓、5世紀中ごろ築造とされ
全長約486mの日本最大の前方後円墳。
百舌鳥耳原三陵の一つで、墳丘は3段に築成され三重の濠が
めぐり10基以上の陪塚があります。


エジプトのクフ王のピラミッド、中国の秦の始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓の
一つといわれ、上空から見ると円と四角を合体させた前方後円墳という
日本独自の形で、5世紀中ごろに約20年をかけて築造されたと
推定されています。
日本最大の前方後円墳で北側の反正天皇陵古墳(田出井山古墳)、
南側の履中天皇陵古墳(石津ヶ丘古墳)とともに百舌鳥耳原三陵と
呼ばれ、現在はその中陵・仁徳天皇陵として宮内庁が管理しています。
前方部を南に向けた墳丘は全長約486m、後円部径約249m、
高さ約35.8m、前方部幅約307m、高さ約33.9mの規模で3段に
築成されています。左右のくびれ部に造出しがあり、三重の濠が
めぐっていますが、現在の外濠は明治時代に掘り直されたものです。
葺石と埴輪があり埴輪には人物(女子頭部)や水鳥、馬、鹿、家などが
出土しています。
昭和30年代と最近の調査で造出しから須恵器の甕が出土し、
古墳が造られた年代を知る資料として話題になっています。
明治5年(1872年)には、前方部で竪穴式石室に収めた
長持形石棺が露出し、刀剣・甲冑・ガラス製の壺と皿が出土しました。
出土品は再び埋め戻されたといわれていますが、詳細な絵図の記録があり、
甲冑は金銅製の立派なものだったようです。
日本最大の前方後円墳にふさわしく、周囲に陪塚と考えられる古墳が
10基以上あります。
仁徳天皇陵とされていますが、日本書紀などに伝えられる
仁徳・履中の在位順とは逆に、
履中天皇陵古墳よりも後で築造されたことがわかっています。

堺観光ガイド https://www.sakai-tcb.or.jp/spot/detail/126

詳しい情報はこちらでご確認ください

大仙公園について

大仙公園について
引用文を用いてご紹介します。

仁徳天皇陵古墳に隣接する38万㎡の緑と歴史に包まれた市のシンボルパーク。
どら池、芝生広場、児童の森など自然との触れ合い空間や、博物館、茶室、
日本庭園などがあり「日本の歴史公園100選」の一つです。

仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)に隣接する大仙公園は、38万㎡の緑と歴史に
包まれた堺市のシンボルパークです。北入口のイチョウ並木正面に
そびえる平和塔と、江戸時代のため池を改修して造られた「どら池」を
中心に、芝生広場や児童の森など自然と触れ合える空間が
広がり、花壇を彩る花や鳥のさえずりなどが季節を感じさせてくれます。

また、博物館、茶室、日本庭園、緑化センターなどの施設もあり、
園内に点在する古墳を巡ることもできます。
大仙公園の中ほどにある「どら池」周辺は、ソメイヨシノや
オオシマザクラなど約400本の桜が植えられ「桜の園」といわれ、
満開の時期には辺り一面が桜色のベールに包まれ、幻想的な
イメージで季節の移ろいを美しく演出します。

歴史性、文化性だけではなく、資源を活かした優れた
景観・環境や、公園として一体性のある大きな魅力などが
評価され「日本の歴史公園100選」に選定されています。

堺観光ガイド https://www.sakai-tcb.or.jp/spot/detail/98

詳しい情報はこちらでご確認ください

まとめ

いかがでしたか
今回は、仁徳天皇陵古墳と大仙公園の紅葉を
楽しみました。

世界遺産にふさわしい立派な墳墓「仁徳天皇陵古墳」
紅葉が綺麗な日本庭園のある「大仙公園」を
ご紹介しました。

大仙公園の紅葉は穴場的なスポットだと感じました。

大阪には、箕面公園、万博記念公園、大阪城公園
など有名な紅葉スポットがありますが

大仙公園もいい感じでしたので
是非、来年は行ってみてください。


ここまで、
読んで頂き
ありがとうございました。

これからも、「トッシーブログ」を
宜しくお願いします。

綺麗な景色が大好きな
トッシーでした。

写真は、自分で撮影したものの他
下記の写真ACさんでご提供頂いた写真も
含まれています。

写真提供
写真ACさん
https://www.photo-ac.com/

ブログランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします

PVアクセスランキング にほんブログ村

0056

ライフワーク 趣味
スポンサーリンク
シェアする
tossyをフォローする
トッシーブログ

コメント