人生を振り返る自伝 トッシー物語 第一部 第一章 

トッシー物語
スポンサーリンク

トッシー物語 第一部 誕生から高校卒業まで

第一章 誕生から幼少時代

■第1話 トッシー誕生

時は、
美空ひばりが「真っ赤な太陽」を歌い
映画では、「007は二度死ぬ」が上映され

JCBが「国際カード」の発行を開始した

そんなに大きなニュースもない
1967年 昭和42年の2月
大阪の地で
後の人類唯一の「うつけ」と称されたかは、
定かでない男『 トッシー 』が誕生した

それから
すくすくと育ち、オムツも1歳で取れたらしい。

■第2話 トッシー 3歳になる

3歳児


トッシーが3歳になる、
1970年 昭和45年には
和田アキ子が「笑って許して」を歌い、
ラミネートチューブの歯磨きが発売され、

アポロ13号が打ち上げられたり、

大阪府吹田市で開催された
77カ国の参加し、6400万人を超える入場者があり、
好評だった、
「 日本万国博覧会(大阪万博) 」に
両親と親戚に連れられて行ったらしい…。

本人には、太陽の塔の中が怖かったなどの
かすかな記憶があるだけの様だ。

■第3話 トッシー 入園  

入園

それから1年後、

NHK総合テレビが全番組カラー化を実施され

令和になってもまだまだ続く仮面ライダーシリーズの
第一作「仮面ライダー 」が放映開始され

ジーンズがブームになった。

1971年 昭和46年の4月
トッシーは私立の幼稚園に入園する。

この頃から落ち着きがなく、ミドルの歳まで続く事になる。
これはもう個性である。

幼稚園時代は、お遊戯会の劇で準主役を務める。
運動会では、選手宣誓を任せられる。

この頃は、とにかく活発で、天真爛漫で、
イケイケ状態だった様だ!。もうすでに全盛期である。
2年の幼稚園時代は、こうして卒園を迎えるのだった。

この時のトッシーには、この後、
暗黒の学生時代が来るとは、思ってもいなかった。

トッシー物語 第一部 第二章 小学生低学年時代
へつづく

イラスト提供
イラストACさん
https://www.ac-illust.com/

0006


トッシー物語
スポンサーリンク
シェアする
tossyをフォローする
トッシーブログ

コメント