人生を振り返る自伝 トッシー物語 第一部 第四章

中学校入学 トッシー物語
スポンサーリンク

トッシー物語 第一部 誕生から高校卒業まで

トッシー物語 第一部 第四章が始まります。

第一章から見て頂けてますか。

まだの方でご興味がありましたら

こちらからお読んで頂けると
嬉しいです。

トッシー物語 第一部 第一章 はこちら

それでは、宜しくお願いします。

第四章 中学校時代

第1話 中学生になる

西城秀樹の「YOUNG MAN」など
多数の曲が大ヒットし、

アニメ「ドラえもん」・「機動戦士ガンダム」の
放送が開始され、

インベーダーゲーム」は流行り、
第二次オイルショック」があった

1979年 昭和54年の4月
トッシーは中学生になった

中学校生活は、小学校時代のような
大きな変化はない3年間ではあったが、
それなりの事件は、起きるものです。

1年生のクラスは、小学校時代の友達とは
違うクラスになり、また新しい人間関係を
作って行かないといけない状況だった。

野球部

クラブは、野球部に所属した。
中学生になったら野球部に入ろうと
決めていたので早々に入部した。

野球部では、
野球ができると楽しみにしていたが、
部活動となると、そんな甘くはなかった。

まずは、人生初めての上下関係というものを
経験するのである。

一年生は、用具出しから始まり、
先輩たちが練習している間は、
ずっと基礎練をするんです。

それも、我が校はグランドが狭かったので、
グランドではなく、校舎と校舎の間の空間で
ひたすら基礎練です。

小学生の時から野球をしている同級生は
難なくこなせるメニューもトッシーにとっては
異次元の体験で、しんどいの一言です。

練習が終わると、自分たちは使ってもない
グランドを整備する訳です。

これ、野球部かと毎日思いました。

野球部の話は一旦中断して…。

第2話 トッシー大怪我をする

モトクロス

部活以外は、何事もなく
9ヶ月が過ぎました。

第三章でも、少し話しましたが、
父親が、商売を始めるという話ですが…

その商売がバイク屋でした。

そのバイク屋のお客さん達が「モトクロス」を
始めるという事になったのです。

この頃トッシーは、店のお客さんからも
可愛がってもらっていました。

野球の練習も「なんか、おもしろないなぁ」と
思っていた頃でもありました。

好奇心旺盛の血が騒ぎました。

バイクに乗るのは、体力が要りますので、
野球の基礎練も役に立ち、
どちらにも役立つとその時は思い。

「僕もやりたい」と父に言っていました。

ちなみに、「モトクロス」は、レース場で行うので
免許はいりません。ライセンスだけです。

道具一式とマシンを用意してもらい、
父親に付き添ってもらいながら、
「モトクロス」を始めました。

最初は、怖かったですが、
これが、53歳の今までバイクに乗る最初の経験です。

その頃は、まさか50代まで「バイク」に乗るなんて
思ってもいませんので。

ホント楽しかったです。

「バイク」に乗っている時は
いろいろなイヤな事を忘れて夢中でした。

骨折

しかし、
トッシーの人生、いい事は続きません。やれやれ。

事件というか、事故です。

モトクロスの練習中、転倒して
鎖骨骨折です

その時は、痛みはひどかったですが
誰も「骨折」しているとは、思わず。
地元に帰ってきて、病院に行き。
レントゲンを撮ると「骨折」です。

即、入院です。

目の前が真っ暗になるとは、このことです。

それから、手術をして、2週間入院しました。
結局、完治するまで半年以上掛かりました。

学校も休み、野球も練習できず、モトクロスもやめ。
大変な期間を過ごしました。

それでは、また野球部の話に戻ります。

骨折期間は、当然練習できない訳です。
でも、退院してから学校も復帰しましたので、
部活では、マネージャーのように玉拾いなどの
雑用で参加しました。

そういう部活を過ごしていると、
顧問の先生にも認められ、
先輩の試合にも、スコアラーで
つれて行ってもらいました。

そうこうしているうちに、怪我も完治しました。

第3話 野球部に復帰する

また、野球ができるようになり、一生懸命練習しました。

しかし、当然3年間でレギュラーになる事はありませんでした。

また、いやな思いもしました。
怪我したことや顧問の先生に可愛がられたことなどが
理由だったと思いますが、チームメイトとは距離が
できて、また「いじめ」です。

ほんとイヤになります。
どんなに小さなコミュニティでも、
社会の縮図だなぁと思います。

今だから、こんな風にちゃかして書けますが、
その頃は、結構傷つきました。

どんどんトッシーの闇は、深くなります。
人間不信は続きます。

第4話 トッシー中学卒業する

中学生

ここまでお付き合いくださり、
ありがとうございます。

中学時代は、部活のお話ばかりになりましたが
その他の学校生活をご紹介します。

●トッシーの世代は、丙午で人数が少なく
 4クラスしかありません。
●クラスも少なかったので、クラス間の交流は
 盛んでした。
●グランドが狭かったので、体育祭は、長居陸上競技場
 で開催されていた。
●修学旅行は、広島県と山口県に行った。

それくらいです。大したエピソードはありません。
すみません。

部活を引退して、初めて塾に通いました。
8ヶ月の受験勉強です。
初めて、一生懸命勉強しました。

それでも、この頃は勉強の大切さが
まだ全然わかっていませんでした。
受験の為だけに勉強しただけですから…。

その甲斐あって、滑り止めの私立高校も合格し、
本命の大阪府立高校にも合格できました。

中学生活

これで、中学は卒業です。

中学3年間で自分を褒められるのは、
小学生のときから色々なことがありましたが
グレたりせずに過ごせたことです。

まあ、小心者なので、グレる根性もないのですが…。

今回も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

次回は、第一部 最終章です。
次も読んでくださいねぇ。
トッシーでした。

トッシー物語 第一部 第五章 高校時代
へつづく

写真提供
写真ACさん
https://www.photo-ac.com/

イラスト提供
イラストACさん
https://www.ac-illust.com/

0012


トッシー物語
スポンサーリンク
シェアする
tossyをフォローする
トッシーブログ

コメント