京都旅行に行ってきた 東映太秦映画村編

旅行
スポンサーリンク

おはようございます
こんにちは
こんばんは
旅行大好き
トッシーです

今回は
京都市右京区にある
東映太秦映画村に行ってきたので
ご紹介しようと思います。

映画村の魅力が伝われば幸いです。

この記事は

■ 京都の観光地を探している方

■ 映画好きな方

■ 時代劇好きな方

■ ファミリーで楽しめるスポットを
探している方

などのお役に立てれば
幸いです。

最後まで読んで頂けると
嬉しいです。

それでは始めましょう。

映画村に行ってみた

東映太秦映画村とは

東映太秦映画村は
京都府京都市右京区にあり、
東映京都撮影所に隣接する
映画のテーマパークです。

江戸時代の街並みを再現した
オープンセットや明治時代の雰囲気が
楽しめます。

日程によっては
時代劇の撮影が見学できたりします。

イベントも豊富で
忍者ショーやキャラクターショーも
楽しめます。

最寄りの駅は
嵐電 太秦広隆寺駅と撮影所前
JR 太秦駅と花園駅です。

バスも市バスと京都バスの停留所が
近くにあります。

詳しいアクセスはこちらでご確認ください

料金は
大人 2400円 中高生 1400円 お子様 1200円
です。

今回、僕たちは団体だったので
2160円で入場できました。

25名以上で団体扱いです。

詳しい料金はこちらでご確認ください

その他 詳しい情報はこちらからご確認ください

映画村を体験して

今回は何年ぶりかの
久々の訪問だったのですが、
以前は時代劇感の強いテーマパークという
印象でした。

最近、エヴァンゲリオン京都基地
なるものも出現していたり
ヒーローやキャラクターショーなどにも
力を入れていて

時代劇特化ではなく、ドラマ・アニメ・映画の
テーマパークにリニューアルしていました。

コスプレーヤーや時代劇コスプレを
楽しんでいるカップルなどもたくさん見かけました。

コスプレ体験では、
忍者や侍 舞妓に花魁など
いろいろな衣装をまとい
場内を散策したり、撮影したり
できるようです。

いい思い出づくりができそうですよ。
僕も若ければコスプレしたかったなぁ。

お化け屋敷などもあり、
遊園地などのものと違い
造りものだけでなく、
実際の俳優さんたちが扮装して
リアルに怖がらせていて
びっくりしました。

映画文化館や京都太秦美空ひばり座など
映画の歴史を学ぶこともできます。

僕は建物が好きなのですが
USJなどに行っても、アトラクションより
建物や大道具などに目が行きます。

そうゆう人にとって
映画村の時代劇セットは
最高の興味物です。

大道具さんたちが一生懸命造った建物や
大道具・小道具は
本当に興味深いです。

汚しのひとつひとつにも見入ってしまいます。

僕個人の感想としては
現代風のアトラクションではなく
時代劇風に
天守閣のような時代劇に登場するような
アトラクションをもっと増やして欲しいです。

映画村スタッフさん
ありがとうございました。

まとめ

今回、
京都の東映太秦映画村に行ってみて

撮影などコロナ禍で実施していないものも
あったので残念な部分はありますが
十分楽しめました。

今回は、団体入場だったので細かい部分を
見学できなかったので、
今度はソロで行き、
細部をもっと楽しみたいと思いました。

やっぱり時代劇は楽しいです。
ロマンがあります。


興奮冷めやらぬ僕ですが
今回はこれぐらいで終了です。

あなたも是非一度
行ってみてくださいね。

ここまで、
読んで頂き
ありがとうございました。

これからも、「トッシーブログ」を
宜しくお願いします。

時代劇大好き
トッシーでした。

ブログランキングに参加しています
よろしければクリックをお願いします

PVアクセスランキング にほんブログ村

0052

旅行
スポンサーリンク
シェアする
tossyをフォローする
トッシーブログ

コメント